FC2ブログ

プロフィール

toro

Author:toro
細々と仕事をしながら生活をしている主婦です。母がガンに罹ってから6年。ターミナルの時期に突入したと思いきや、あっという間に逝ってしまいました。それでもちゃんと受け止めなくてはと覚書としてこれから書き残しておこうと思います。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:心境
母にガンが見つかってから、では私はどう思っていたのかということをつらつらと考えてみた。しかし、あまり心情としては変化がなかったように思う。

とにかくやれるだけのことはやろうと思ったのは確か。

でも、母は姉と同居していたし、私はすでに別世帯になって10年は過ぎていたので、普段と変わらない生活であった。そして普段と変わらない気持ちで母に接していたと思う。

ただし、もともとはあまり母のことが好きではなかったこともあって、かなり複雑な心境であったことは間違いない。

父が他界してから、娘2人を育てて生活していかなければならないという状況に陥ったとき、それは母にとっては大変なことだったとは思う。しかし、転職をやたらと繰り返し、借金もし、娘には「勉強しろ」とは言わず「好きなことをしなさい」と言ったけれど、一方で「私の言うことを聞きなさい」と脅すような言い方をする人だった。

とにかく自分の思い通りにならないと気がすまない人だったので、そのために転職も多かったのだろう。正しいことを行おうと一生懸命な人であった。でも、それを行うのに、その環境や条件、あるいは人の心情を考えるということをしなかった。だから平気でちゃぶ台返しのようなこともしたし、人を脅すような物言いするようなこともあった。

それがずっと好きになれなかったところだ。

でも感謝せずにいられない部分もあった。それはどんなことがあっても味方にはなってくれたことである。これだけはありがたかった。お金や物質的なことは望めなかったが、言葉や態度では必ず支えてくれようとしていた。これが母親っていうものなんだろうなと思う。


晩年、姉は母をあちらこちらに旅行に連れて行ってくれていたし、もちろん姉が生活の援助をしてくれていたから、それほどお金に苦しまずにいた。なので、不自由なく過ごしてくれていたのではなかろうか。

私自身は最後の1年間、ほとんど毎日のように母のところへ行った。犬の散歩を口実にしていたが、心配で仕方がなかったのだ。いつ何時、どのように変化するかわからないし、病状が変わったときにはすぐに対応したいと思っていた。そして、母と話がしたいと思っていた。

思い起こせば「もうそんなに長くはないな」と感じていたのだと思う。もう話すことができなくなるかもしれないということを、薄々感じていたから。自分のためにも母と話がしていたいと思った。また、寂しくさせたくないという気持ちも強かった。

そんな思いもあったので、毎日、顔を見に行ったけれど、話すことといえば普段と変わらず、いつもの母娘の会話であった。憎まれ口をずいぶんと叩かれたし……。

きっとそういうものなのだろう。


悔いというものもあまり残っていない。

大体、私は人の介護というのは苦手だ。人の体に触れるのが怖いということもあるが、素人同然の人がやるべきではない。介護状態になったならば、絶対にプロの手にかかったほうが良いと思っている人間だ。

であるから、介護が必要とあらばその道のプロを探してお願いする……そういうことで奔走することは全然いとわない。むしろ、そういうことは得意なので、走り回っていい人を探してお願いするということは率先してやってきた。

自分の立場はここにあると思っているので、「できないことはできない」し、「やれることはやる」、それだけである。

お陰さまで、母はほとんど介護の手を要さなかった。介護らしい介護は、娘2人で何とかなったのだから。これは感謝すべきなのだろう。ヘルパーさんもお願いしたが、身体介護ではなく、家事援助でお願いしただけで終わった。



喪失感…。それはまだよくわからない。

息をひきとってからの2週間はどっと落ち込み、母の最期のことばかりを考えてしまっていた。姉も会えば、最期を迎えたときの話ばかりが出て、2人ともその話に終始する始末だった。まるで反芻するかのように。

おそらく、何度も考えて自分の心にしみこんで同化するように、咀嚼している時間だったのだろう。きっと必要な時間だったのだと思う。

「うつ」というのも2週間以上続くと、病気の疑いがあるという。2週間という時間は、人間にとってある種のタイムリミットなのかもしれない。2週間で気持ちは変化するということか。

とにかく私は2週間たったある日、ふっと身が軽くなる感触を覚えた。「ああ、これでよかったんだな」と思えたのだ。

それから、仕事も少しずつ始めて、他人と会うのが平気になってきた。そしてようやく日常生活に戻ろうという気持ちになったのである。


数日前に、O先生からお便りが届いた。

「2ヶ月が経ったけれど、どうしていますか」とのこと。

結びに「皆様との大切な時を共有できました事に感謝致します」とある。

こちらが感謝すべきなのに……。


いい人が回りにいたから、きっと私も耐えられたんだな。


おしまい。



また心境の変化に気づいたら、書き綴るかもしれません。
いまは「何で子どもというのは、親の面倒をみなくちゃ」という気持ちになるのかな…とふと考えているところです。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:介護保険
母は「要支援2」のままで逝ってしまったので、直接ケアマネージャーさんとのお付き合いはなかった。
「要支援1~2」は地域包括支援センターの保健師さん。
「要介護1~5」は介護事業者等のケアマネージャーさん、という決まりであるから、ケアマネージャーさんとはお付き合いする必要がなかったのである。

しかし、介護保険の申請を行うときに、契約する事業者は信用できるところがいいと私は望んでいた。そのために知り合いに頼み込み、信頼できるケアマネージャーさんを紹介してもらったのだ。これはまだ、介護保険の認定がされる前のこと。

紹介していただいたときに聞いた話であるが、ケアマネージャーさんも受け持てる人数というのが決まっている。そのために、母が受け入れてもらえるかは分からないということだった。

ともあれ、「じゃあ、介護保険制度のご説明に伺いますね」と言ってくれたのが、お世話になったケアマネージャーのTさん。

Tさんは初めて来てくれたときに、「要支援」と「要介護」の違いを事細かに説明してくれた。実のところ、介護保険には詳しいと思っていた私であったが、平成18年4月に改正された制度の内容はよくわかっていなかったのだ。そしてTさんに会ったのは18年の9月。改正されて5ヶ月しか経っていなかったので、現場もバタバタとまだしているという話であった。

そんな話を交えながら、いまの介護保険制度の弊害や現場の苦労、そしてもと看護師だったお話、「自分は夫をガンで亡くしている」とか、自分の家庭のことにまで話は及んだ。

その話しっぷりが、これまたきっぱりしていて聞きやすく、母は大そう気に入った様子だった。

Tさんが帰ったあと、母が福祉関係の市民活動を行っていたときのことを熱く話し始めたくらいだったから、ずいぶんと触発されたのだろう。「介護の現場にこんな人がいるのであれば心強いね」という話を母とした。

そして結局「要支援2」と認定されたために、Tさんにお世話になることはなかったのだが、それでもそのケアマネージャーさんの利用者リストには、母の名前を連ねておくのでと言われ、ほっとしたのだった。
何かのときにはTさんにお願いできるという安心感。

その後、母の容態が悪化するまで、Tさんとは会わずじまいであったが、もう「要支援2」で介護(看護)は不可能だろうと思い、保健師さんに認定更新の相談をしたときに、おそらく「要介護」になるであろうからと一緒にTさんが訪問してくれた。

対応が素早い。

Tさんは「もうだめだ」という母の状況を察知していたようだったが、それは一言も言わずに、私の話をじっくりと聞いてくれた。

私も母の最期は近いと思っていたので、Tさんに対して、母のために近い将来どうすべきかという話をするのはつらかった。たぶんその近い将来はないのだから。ないであろうことを、あるように話すというつらさ。

当初は相談…のようにTさんにお話をしていたが、だんだんと私の悩みを打ち明けるような形になってしまって、申し訳ない気持ちで一杯だった。

それでも「今後はこうしたらいい、ああしたらいい」という提案をしてくれて、それだけではなく、母と私に励ましの言葉をたくさんかけてくださった。それも口先だけではなく、あったかいもので本当にありがたかった。

そしてなによりも、私の話を聞いてくれたということがありがたかったのだ。誰にも言えなかったし、説明もできなかったことだったから。

人に話を聞いてもらうことで、こんなに気持ちが楽になるのかと思ったことはなかった。ただうなづいてもらうだけでいいのだ。

結局、Tさんに会ったのは2回だけだったが、私にとってはお世話になった方々の一人なのである。

人の話を聞いてあげることの大切さを教えてくれたといっても過言ではない。


Tさん、ありがとうございました。


※たった2回だったけれど、この2回の訪問はTさんは無償で訪問してくださっている。それだけでも頭も下がる思いである。なんで報酬がでないのか…介護保険制度の弊害はここにもあるのだ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:介護保険
O先生の新刊が出るのに合わせて書こうと思っていたのだが、現物が手に入らず。オススメの本にもリンクした「いのちはなぜ大切なのか(ちくまプリマー新書)」。

夫よ~、まだ手に入らんぞ(笑) 大丈夫か、筑摩。

ということで内容が分からないままに、オススメしてもと思うのだが、ま、いいや。

以前にもO先生のことは書いてあるし(?)


さて、お世話になった方々の三番目は、緩和ケアのお医者様である。母の最期の1ヶ月間。週に一度の割合で往診してくださった。実家で会ったのは合計5回になるか…。

とにかく緩和ケアに対しては第一人者であると思う。O先生が言うには「麻酔医で緩和ケア…と言っている人がいるけれど、単に痛みをコントロールすることだけが緩和ケアではない」んだそうだ。心の部分までケアすることが必要であるということ。ただ痛みがコントロールできたとしても、すべての不安が払拭されるということではない。そこを勘違いしてはならない…というようなことを言っていた。ある医師を例にして…(それは誰かは言えないけれど^^;)。


母とO先生のやりとりを見ていて思ったことである。
とにかく母の話を聞いてくれるのだ。聞いて同意することによって、患者さんの心を開いていって、何が不安なのか、何が問題なのかを分かろうとする。そして、患者さん自身にもその問題点を理解させようとする…そんな感じだった。

そうすることによって得られた効果…それは信頼や信用以上に、痛みの軽減につながったと思った。

素人考えであるから当てはまらない点もあるかもしれないが、たぶん、母の病状から考えれば相当痛みはあったはずなのだ。母の我慢強さというのも加えたとしても、相当痛かったはず。それでもビックリするくらいの痛み止めは処方されていなかった。

調べれば、とにかく痛がる患者さんは多いらしい。そのために強い痛み止めを施す場合があるようである。

ところが母はあまり痛がらなかったし、先生が処方してくれた薬を飲めば、すううと眠ってしまうような状態だった。

眠っていれば痛くない、ということもあるだろう。眠れないほどの痛みではないということもあるかもしれない。でも、驚くほどの痛み止めは処方されていなかった。

なぜか。

おそらく、先生とのおしゃべりに隠されていたんだと思う。おしゃべりすることで緩和されていたんだと思う。

往診のたび、1時間は辛抱強く母の話を聞いてくれていた。娘の私たちはといえば、もう散々聞いている話だったので、聞く気にもならない内容の話であったが。

それを「癒し」という人がいるかもしれないが、それは私には分からない。本質的に完全なる癒しっていうのはないと思うし。

やっぱり「緩和」のほうがイメージは近い。痛みの緩和、苦しみの緩和。癒されはしないけど、和むって感じ?…そんな感じなんだろうな。



さて、カテゴリは「介護保険」である。なぜ介護保険にしているかというと、O先生の往診も介護保険でまかなわれているからだ。

介護保険のサービスの中に「居宅療養管理指導」というのがある。「医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士などが居宅を訪問し、療養上の管理や指導を行う」というものだ。これを利用して往診をお願いするという形になった。

これは往診が始まってから知ったことだったので、往診に来ていただいた最初の日に先生から説明を受けて「え、そんなサービスがあるんですか?」と驚いた。早速、お世話になっていた保健師さんに連絡をして、「これこれこういうサービスを受ける形になるんだけど、ケアプランとしては大丈夫なの?」と問い合わせる始末(笑)

そして、その保健師さんもよく知らなかったようで、「あ、え? ちょっと調べてみます!」と…。調べてみれば大丈夫な話であったわけで。

ただサービスの限度(月2回まで)はあるので、限度を超えたら「医療保険」でまかなうということになる。


O先生に来てもらえるようになった経緯を書けば、強引な私の問い合わせ&代理外来にあった^^; 「この先生しかいない!」と思い込んだ私のお願いの仕方は、結構強引であったようで…往診三回目の夜、先生は「ストーカーに遭ったみたいなもんですよ(笑)」と言っていた。

あたしゃストーカーかい。


後になってみれば笑い話になるけれど、でもきっとあとで笑い話にしようと、そんなことも思いながら先生は言ったんだろうなと思う。何たって同世代だったし。


O先生、会ってくれて、そして来てくれてどうもありがとう!!!!
先生に出会えて、私も緩和されましたよ~。


おしまい。
| BLOG TOP |

copyright © 私的覚書  all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。