FC2ブログ

プロフィール

toro

Author:toro
細々と仕事をしながら生活をしている主婦です。母がガンに罹ってから6年。ターミナルの時期に突入したと思いきや、あっという間に逝ってしまいました。それでもちゃんと受け止めなくてはと覚書としてこれから書き残しておこうと思います。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:心境
仕事の関係で領収証を整理した。日付順にまとめるという作業をしたのであるが、今年の4月、5月の領収証を見て、「このときはまだ母が生きていたんだよな」といちいち思ってしまう。

パスネットの領収証を見れば、母が通院していた大学病院の最寄り駅で買ったものだったり。母に付き添って病院に行ったことを思い出す。

そうすると「あのとき、こうしていれば…」とか、「このとき、ああやっておけば…」とか、いろいろと考えをめぐらせてしまうのだ。
やるべきことはやったと思っていても。

まだまだできることはあったのではないかと考えてしまう。

それに元気なうちに、もっと楽しませてあげればよかったとも。



どこかで書いたと思うが、私は母のことがあまり好きではなかった。

好きではなかったから、生きているうちにもっと楽しませてあげたいなんて意識はあまりなかった。

でもふと考えると、何かにつけて「母にこれを食べさせてあげよう」とか、「これは母に買ってあげよう」とか、思っていたことが多いということに気がついた。

いまでもどこかへ行くと、「母にお土産……」と思うときがある。でも買ってもしょうがないわけで。

なんでそんなことを思うのかと考えると、結局は好きではない母であったけれど、母の喜ぶ顔が見たかったんだよね。
母親を喜ばせたいという気持ちは常にあったんだと思う。

子どもってきっとそうなんだろう。

親は気づいているのかどうかは知らないけれど。




あまり好きではなかった母には、意地悪を言われたこともあるし、お金の問題で苦労させられたこともある。
だけど「きちんと親の面倒をみなくちゃ…」と思ってしまっていた。

何でだろう。とても不思議なのだ。



そうしていまなお、これでよかったのかと反芻してしまう。

もう反芻しきったと思ったのに。



厄介なことだな^^;



もうちょっと具体的な何かを思い出して書くといいのかと思うのだけど。




分からない。





おしまい
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:緩和ケア
O先生から手紙が届いたことを前々回に書いた。

しかし、その返信ができずにいる。お礼の手紙をしたためなくてはと思うのだが、なかなか筆が進まない。というより、筆自体も持っていないけれど。

どのような手紙を書いていいのか分からないのだ。情けないったりゃありゃしない。

私の友人には、実は母の死を知らせていない。mixiでやりとりをしている友人にだけ伝えた。そのために、わざわざお香典を送ってもらったりもしてしまったのであるが。。。そういう友人には私から香典返しをした。お返しはいらないと言っていたのだが、何となく気が済まない私は自分の好きなお菓子をお返しした。

そんなわけでお菓子を贈るくらいはできるのであるが…。

O先生へ手紙のお返しができない。物であればすぐに送れるのに、言葉にすることができない。困った。

何故書けないのか考えているのだけれど、まだ消化し切れていないのかもしれないなと思う。

いま思っていることをそのまま言葉にすればいいのかもしれないのだが。

ぼちぼちと筆を持とうか……。


ぼんやりと考える。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:母の一日
母にまつわることで、書いておかなくてはと感じることを思い出したので、書き記しておこうと思う。

母が終末期を迎え、緩和ケアのお医者様であるO先生に往診に来てもらうようになったある日のこと。

O先生と母は会話を続けていたのであるが、O先生からの「Mさんは、何をしたいと思っていましたか?」という質問に母はこう答えたのである。

「花を摘んで人に配って歩くような、そんなことがしたかったです」

横で聞いていた私は「は?」と思ったものの、その言葉に続いて「花を配って、みんなの気持ちを和ませるようなことをしていたかった」と母は言った。

O先生は「みんなの気持ちを和ませたかったんですね」と反復して、母の言葉を継いだ。


この話は、何度となく出たような気がするのだが、今でもこのときの母の本心は計りかねている。

確かに植物を育てるのが好きで、猫の額ほどの庭もきれいにしていた。母が他界する直前までは紫陽花の花が咲き乱れていて、通路を通るのも大変だったほどだ。

母がいなくなったいま、雑草もぼうぼうと生え、見る影もなくなってしまった、、、。(先日、見かねて雑草取りをしたのだけれど、やぶ蚊が多くて挫折してしまったのだ^^;)


おそらく、あちらの世界に行ってからも植物を育てているんだろうと思う。そしてこちらの世界でできなかった「花を配って歩く」ということも始めるだろう。もう時期……。



一匹狼的な性格の持ち主であったにもかかわらず、こんなことを言うなんてと私は思った。人と話をすることが大好きだったから、そんなところから湧き出た気持ちなのだろうか。
ある意味で施しとも取れない発言である。少し偉そうな気もするが、純粋にただ花を配りたいと思ったのか。

いまだに分からないでいる。


母が遺した謎の言葉。

当分の間、考え続けることになりそうだ。

おしまい。
| BLOG TOP |

copyright © 私的覚書  all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。