プロフィール

toro

Author:toro
細々と仕事をしながら生活をしている主婦です。母がガンに罹ってから6年。ターミナルの時期に突入したと思いきや、あっという間に逝ってしまいました。それでもちゃんと受け止めなくてはと覚書としてこれから書き残しておこうと思います。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:緩和ケア
2月24日(日)21:00~NHKスペシャルでO先生を密着取材した番組が放映される。
『最期の願いをかなえたい~在宅でがんを看(み)取る~』
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080224.html
こういうお医者さまもいるんだと、知ってもらえたらいいなあと思う。

母も最期はこの先生に診てもらえてよかった。

O先生に強力にお願いした私もえらいんだけどね(笑)←自画自賛。

この記事を読んでいる人は少ないだろうけれど、見ていただけたらと思います。

スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:緩和ケア
また、覚書として記しておかなくてはと思ったこと。思い出したので……。

母がターミナルの時期に入ったならば、ホスピスに入れることも視野に入れていた。最終的には本人の希望が「自分でトイレにいけなくなったらホスピスに入りたい」ということだったので、そうしようと思っていたが、タイミング的にも最終段階まできていたので、それは叶わぬ夢で終わった。

なんたってホスピスそのものが少ないし、あったとしても病床数が限られている。それに、いまや入りたいという人が増えてきているので、待っている人もいっぱいいるのだ。要するに「緩和ケア」ということがすいぶんと浸透してきたということなんだろうけれど、QOLをしっかりと考える人も増えてきているんだろうと思う。

ともあれ「ホスピスを」と往診に来ていただいていたO先生には伝えていた。そしてホスピスへの入院が難しいとなったそのとき、O先生から「小規模多機能ホームというのがある」ということを聞かされた。
(参考サイト)http://www.shokibo-takino.com/
↑このサイトを見ると、地域のシェルター的役割を担っているのだという。

O先生がすすめたのは「ホスピスのような医療はできないけれど、家にいるような介護(看護)を受けられるから」という理由であるようだった。O先生はそのなかの一つのホームを紹介してくれたが、おそらく往診に行っているホームだったんだろう。たぶん、先生も仕事がしやすいホームだったんだと思う。

あとから、「あーなるほど」と思ったが、高齢になると医療か介護かという境界線で悩む部分が多くなってくる。介護サービスで可能なこと。医療でなくてはいけないこと。この棲み分けに微妙に重なる部分があるのだ。そこでどっちをとるか…ということになって来るんだと思う。

これからは、とくに高齢者は医療も在宅で受けなければならないことになってくる。介護と医療、受けようによっては上手な利用法があると思う。情報をたくさん得て、選択肢をたくさん持っていることが、今後の介護や医療に立ち向かう武器になるかな、と思った。

知っているもの勝ちかもしれないな。

おしまい。

もひとつ参考サイト
http://www.clc-japan.com/takurousyo_net/
| BLOG TOP |

copyright © 私的覚書  all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。