FC2ブログ

プロフィール

toro

Author:toro
細々と仕事をしながら生活をしている主婦です。母がガンに罹ってから6年。ターミナルの時期に突入したと思いきや、あっという間に逝ってしまいました。それでもちゃんと受け止めなくてはと覚書としてこれから書き残しておこうと思います。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:介護保険
母は「要支援2」のままで逝ってしまったので、直接ケアマネージャーさんとのお付き合いはなかった。
「要支援1~2」は地域包括支援センターの保健師さん。
「要介護1~5」は介護事業者等のケアマネージャーさん、という決まりであるから、ケアマネージャーさんとはお付き合いする必要がなかったのである。

しかし、介護保険の申請を行うときに、契約する事業者は信用できるところがいいと私は望んでいた。そのために知り合いに頼み込み、信頼できるケアマネージャーさんを紹介してもらったのだ。これはまだ、介護保険の認定がされる前のこと。

紹介していただいたときに聞いた話であるが、ケアマネージャーさんも受け持てる人数というのが決まっている。そのために、母が受け入れてもらえるかは分からないということだった。

ともあれ、「じゃあ、介護保険制度のご説明に伺いますね」と言ってくれたのが、お世話になったケアマネージャーのTさん。

Tさんは初めて来てくれたときに、「要支援」と「要介護」の違いを事細かに説明してくれた。実のところ、介護保険には詳しいと思っていた私であったが、平成18年4月に改正された制度の内容はよくわかっていなかったのだ。そしてTさんに会ったのは18年の9月。改正されて5ヶ月しか経っていなかったので、現場もバタバタとまだしているという話であった。

そんな話を交えながら、いまの介護保険制度の弊害や現場の苦労、そしてもと看護師だったお話、「自分は夫をガンで亡くしている」とか、自分の家庭のことにまで話は及んだ。

その話しっぷりが、これまたきっぱりしていて聞きやすく、母は大そう気に入った様子だった。

Tさんが帰ったあと、母が福祉関係の市民活動を行っていたときのことを熱く話し始めたくらいだったから、ずいぶんと触発されたのだろう。「介護の現場にこんな人がいるのであれば心強いね」という話を母とした。

そして結局「要支援2」と認定されたために、Tさんにお世話になることはなかったのだが、それでもそのケアマネージャーさんの利用者リストには、母の名前を連ねておくのでと言われ、ほっとしたのだった。
何かのときにはTさんにお願いできるという安心感。

その後、母の容態が悪化するまで、Tさんとは会わずじまいであったが、もう「要支援2」で介護(看護)は不可能だろうと思い、保健師さんに認定更新の相談をしたときに、おそらく「要介護」になるであろうからと一緒にTさんが訪問してくれた。

対応が素早い。

Tさんは「もうだめだ」という母の状況を察知していたようだったが、それは一言も言わずに、私の話をじっくりと聞いてくれた。

私も母の最期は近いと思っていたので、Tさんに対して、母のために近い将来どうすべきかという話をするのはつらかった。たぶんその近い将来はないのだから。ないであろうことを、あるように話すというつらさ。

当初は相談…のようにTさんにお話をしていたが、だんだんと私の悩みを打ち明けるような形になってしまって、申し訳ない気持ちで一杯だった。

それでも「今後はこうしたらいい、ああしたらいい」という提案をしてくれて、それだけではなく、母と私に励ましの言葉をたくさんかけてくださった。それも口先だけではなく、あったかいもので本当にありがたかった。

そしてなによりも、私の話を聞いてくれたということがありがたかったのだ。誰にも言えなかったし、説明もできなかったことだったから。

人に話を聞いてもらうことで、こんなに気持ちが楽になるのかと思ったことはなかった。ただうなづいてもらうだけでいいのだ。

結局、Tさんに会ったのは2回だけだったが、私にとってはお世話になった方々の一人なのである。

人の話を聞いてあげることの大切さを教えてくれたといっても過言ではない。


Tさん、ありがとうございました。


※たった2回だったけれど、この2回の訪問はTさんは無償で訪問してくださっている。それだけでも頭も下がる思いである。なんで報酬がでないのか…介護保険制度の弊害はここにもあるのだ。
スポンサーサイト
コメント

よくわかります

とってもよくわかる。
私もひとりだと煮詰まっちゃうことがあって、
話だけでも聞いてもらえれば、天使のように全部受け止めてもらえれば、
それだけで、どれだけ救われるか。

これを読んで・・・そうだな。。。
やっぱり、認知症の人は軽んじられやすいのかなと思った。
お世話になっているケアマネさんは、
いいんだけど・・・ここまでは親身ではないな~。
認知症だと・・・本人に通じないし、意思確認も難しいし。
命にもかかわらないし・・・。
親の人権を尊重してというのが、ホントに難しいですわ。
福祉の現場はいい人が多いとは思うけれど、
いい方に巡り会えてよかったですね。

これからだな・・・長い航海になりそうです。

こぎんさま

一度、お返事を書いたのですが、fc2のアクセス集中で消えちゃいました;;

認知症の扱いの軽さは、なんだかよく分かります。「話が通じないから」という感じなんですよね。
一方でヘルパーさんのなかには、「どうしていいか分からない」と悩む人もいるみたいです。それぞれの症状に合わせるというのも大変ですし。結局、お互いが悩むという状況になってしまうんでしょうね。
難しい~~。割り切ってできるものじゃないですよねえ。
ともあれ、長い航海も、いろいろと寄り道をしながら楽しめるものになればとお祈りしています。

うちは結構運がよかったと思います。それでも母と合わなくてうまい口実を考えて代わってもらったヘルパーさんもいました。やっぱりいろいろありますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 私的覚書  all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。