プロフィール

toro

Author:toro
細々と仕事をしながら生活をしている主婦です。母がガンに罹ってから6年。ターミナルの時期に突入したと思いきや、あっという間に逝ってしまいました。それでもちゃんと受け止めなくてはと覚書としてこれから書き残しておこうと思います。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:心境
今日は私の誕生日なんだけど、何することもなくても、必ず「誕生日おめでとう」と母には言ってもらっていたことを思い出す。
必ず、毎年。


一昨年、私の誕生日の翌日に、義母に大そう文句を言われたことがあった。思い余って我が家まで乗り込んできて、思いのたけをぶちまけて、最後には泣かれるという訳のわからないことがあったのだ。

聞けばどうも私がいけないらしい。

夫の家族にいい顔をして、いい嫁を演じれば義母は満足なんだろうけれど、そんなことはできない。義母がよしとする価値観は私には理解できない部分が多すぎる。そんなにいい家族を装いたいのか。うそでも。

「私が一体何をしたというの?」と義母は私を攻め立てた。

何もしていないと思うけど……。


そんな一昨年。

前日の私の誕生日のことは、全く触れずじまいで義母は帰っていった。

もう少し気配りのようなものが義母にあったら。
そうすれば私の気持ちも少しは和らいだかもしれないのに。

まー、夫には人のせいにするなと言われるんだろうな。







翌日、母からは「夫婦が仲良ければいいじゃない」と言われる。



……やっぱり喪失感は大きい。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 私的覚書  all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。